安全な飲料水

アクアクララやクリクラなどの宅配水が人気の訳

安全な飲料水

アクアクララやクリクラと聞いて「宅配水」のことだと分からない人がどれくらいいるだろうか?

 

現在の日本、3.11以降の日本人は口にするもの全てにとても敏感になっている。
そのうちの一つが水(飲料水)ではないだろうか。

 

日本では古くから「湯水のように使う」などの言わざがあるように水に困るような生活をしたことが無かった。
そのため水は水道水のみですべての生活に必要な分をしようしてきた。

 

しかし、未曾有の震災3.11を経験して以降ではこの状況が180度変わった。変わってしまった。
放射能漏れによる土壌の汚染、都内でも次々に発見されるホットスポットなどによって日本人は「安全は自分で守るもの」という考えが強く出てきていると思う。

 

その考えを表面化させているのが飲料水の需要の変化では無いだろうか。

 

最近ではテレビやラジオ等の各メディアでCMが極端に多くなりみなさんも見る機会が増えたと思う「宅配水」。

 

その宅配水で有名なメーカーといえばアクアクララクリクラ
この2社を筆頭に宅配水の需要が急激に伸び続けているのだ。
その流れに乗るように飲料水メーカーや家電メーカーまで宅配水事業に参入してきている。

 

これは日本人が国が管理する水道水の安全性に疑問を持っている、持った証拠ではないだろうか?
いままでのように水道をひねればいつでも変わらず水は出るのだが、水道に口を付けて水を飲む人の姿を最近見た人はいますか?

 

ほとんどの方は見ていないと思います。
このように、宅配水が人気の理由は安全と安心を水にもとめた結果だと感じています。