健康生活 衣食住を考える

オイシックスの食材宅配

安全な食事

皆さんはオイシックスの食材宅配をご存知ですか?

 

新たな食の安全基準が示されようとしている
野菜類、肉類の一般食品は100ベクレル、乳児用食品は50ベクレル
1Kgあたりの放射性物質の基準である

 

食の安全については、近年さまざまな出来事があった
中国発で「毒入りギョーザ事件」、「有名ブランド食材の産地偽装」、「消費期限の張替え」
「生肉の摂取による食中毒事件」思い出すままに記しても枚挙に暇がない
人が生きて行くうえで、餓えを満たすことは最重要課題であり、このことが確保されてこそ
食の安全、栄養問題などが発生してくる。

 

 

われわれの食生活は戦後大幅に改善され、日本人の体格、体力も向上し、いまや
過食、肥満、メタボリックが社会問題となってきている
これらは生活習慣として糖尿病、高血圧、心疾患などの一因ともなる
せんごの高度経済成長期に発生した水俣病、イタイイタイ病は経済活動がもたらす
環境汚染問題を食の安全という点からも明らかにした

 

一方で、現在食の安全が話題になる日本で急激に売り上げを伸ばしている業種がある
それが食材宅配です。
その中でも人気と地名度が高い食材宅配メーカーがオイシックスの食材宅配です。
この会社では産地の表示はもちろんだが、「生産者の顔が見える」が特徴的になっている

 

生産者はすべてオイシックスと契約した農家になっており、土壌やしようする農薬などについても厳しい基準を設けて生産を行なっている
そんな安心感が消費者に共感を与え食の安全を希望する主婦がおいしっくすを選んでいるのです。

 

このように安全、安心、おいしいにこだわった企業が出てきて、それを消費者がきちんと判断して選んでいるのは日本の食文化に対して、とても明るい未来が描けるのでは無いでしょうか